異性の服の匂いを嗅ぐと安心するとかいう変態的な研究

f:id:tomoya19971115:20200622154625j:plain
くんくん...はあ、お兄ちゃんの匂い....くすくす...安心する....(ヤンデレ)

これが科学的に証明されてた件。

異性の服の匂いを嗅ぐと安心するとかいう変態的な研究

まず1つめの研究から(1)

これはブリティッシュコロンビア大学が行った研究で、96人の女性を3つのグループに分けました。

女性だけしか選ばれてないのは、嗅覚が男性よりも強いからとか。

そんで、実際のグループ分けはこんな感じです。

①恋人が着たTシャツの臭いを嗅ぐ
②知らない人が着たTシャツの臭いを嗅ぐ
③誰も着てないTをシャツの臭いを嗅ぐ

最初に、暗算など、細かい作業や、もっと複雑な面接など、あえてストレスがかかるようなことをやらせました。

その後に服の匂いを嗅いだら何が起こるか?

その結果分かったことがこちら~

The scent of another person can activate memories, trigger emotions, and spark romantic attraction; however, almost nothing is known about whether and how human scents influence responses to stress.

(ほかの人の匂いは記憶・感情・愛情などを引き起こす。だが、こういった匂いがもたらすストレスに対する反応に関しては、ほぼなんにも分かっていない)

In the current study, 96 women were randomly assigned to smell one of three scents (their romantic partner’s, a stranger’s, or a neutral scent) and exposed to an acute stressor (Trier Social Stress Test). Perceived stress and cortisol were measured continuously throughout the study (5 and 7 times, respectively).

(研究では、96人の女性がランダムに3つのグループに分けられた。~以下略。ストレスと、それによって活性化されるストレスホルモンを測り続けた。)

Perceived stress was reduced in women who were exposed to their partner’s scent.

This reduction was observed during stress anticipation and stress recovery. Cortisol levels were elevated in women who were exposed to a stranger’s scent.

(恋人の服の匂いを嗅いだ人はストレスが減少していた。一方、知らない人の匂いを嗅いだグループはストレスが増加していた。)

This elevation was observed throughout stress anticipation, peak stress, and stress recovery.

The current work speaks to the critical role of human olfactory cues in social communication and reveals that social scents can impact both psychological and physiological reactions to stress. (1)

(現段階で、人間の匂いの社会的な役割は重要で、こういった匂いは心と体、どちらのストレスにも関係しているようだ。)

 無意識レベルでこういったことが起こるのは不思議すぎるけど、匂いだけでも自分にとって味方なのか敵なのか判別できるっぽい。

人間の体ってすげーー!カガクのチカラよりスゲー!

ちなみに、ここで言及されてるコルチゾールっていうストレスホルモンは筋肉の大敵で、これが増えすぎると筋肉が減るんっすね。

体にエンジンをかけるっていう働きをしてくれてるんですが、ストレス過多になると、こいつのせいで慢性疲労とか老化みたいな体の劣化だけでなく、メンタル面でもどんよりしやすくなります。

そういう事情もあって、自分のような一部の筋トレオタク達は「筋肉のためにイライラしないようにしている」という哲学めいた発言をします。

それましたが、ま~たおんなじ大学が続編を発表しています(2)

今回は睡眠の質と服の匂いについてですが、異性の匂いが染みついた服を枕カバー代わりにするという、まーたとんでもない発想が。

今回の研究では、服を枕カバーにしてもらう際に、155人の参加者を3つのグループに分けてます。

2晩、機械でモニターしつつ、毎朝の寝心地についても感想を言ってもらいました。

①無臭のTシャツをわたす
②パートナーの体臭がついたTシャツをわたす(24時間ずっと着たやつ)
③見知らぬ人の体臭がついたTシャツをわたす

その結果、パートナーの匂いということを知らなくても、睡眠の質がアップし、途中で覚醒する回数が減ったりしてたらしい。

「はあ...お兄ちゃんの匂い...くすくす...なんだか安心する♡」っていうヤンデレ・ブラコン妹設定であるあるなセリフですが、なんだか安心することに科学的な根拠があったもんだからびっくり。

We demonstrate for the first time that most women, and some men, deliberately smell their partners' clothing when they are apart.

We asked undergraduate men and women who were, or who had ever been, in a committed heterosexual relationship if they had ever slept with an article of a partner's clothing or deliberately smelled a partner's clothing during periods of separation.

Both men and women reported that smelling an absent partner's clothing made them feel happy, comfortable, and secure.

We suggest that olfactory comfort is a significant component of attachment and is likely to involve family members other than partners.(2)

(人によるが、一部の男女間で、遠距離恋愛になった時に、意図的に恋人の服の匂いを嗅ぐようだ。

また、男女ともに、恋愛をしているか、したことがある大学生に、「恋人の服と一緒に寝たことがあるか?意図的に服の匂いを嗅いだことがあるか?」聞いてみた。

そこで分かったことは、男女ともに目の前にいない恋人の匂いを嗅ぐと幸せになり、穏やかになり、安心した気分になった。

匂いの心地よさというのは男女間の愛情を形作る要素であり、恋人だけでなく、家族でも同じような効果がありそうだ。