みみぼんから学ぶ耳かきの極意[マニアックすぎる世界]

みみぼんver2!バイノーラル囁き耳かき付き☆

みみぼん!という超マニアックな音声作品がありまして、自分の耳垢に合った耳かきについてめちゃくちゃ丁寧に解説されているので紹介します!

 

みみぼんから学ぶ耳かきの極意

同人の世界では超有名なシロクマの嫁というサークルさんによる音声作品。

この作品では、耳垢の種類・それに対する適切な耳かき方法をまとめたPDFが教科書的な扱いになってます。

実際の耳かき音声では、自分の耳垢の種類を判別するために、耳かきをした時の音の違い・見分け方などを解説しています。

もちろん耳かきボイスもあるよ。

(1)耳質比較 約20分
各耳垢の音比べ(疑似体験)・見分け方解説その他。

(2)みみぼん☆耳かき 約47分
各耳質のお掃除方法を解説しつつ、様々な耳かき音をただただ流します。
オイルマッサージ、泡洗浄、耳かき、綿棒、耳垢水、梵天など・・・
耳かき音ふるこーすめにゅー!!

(3)ASMR☆耳かき紹介 約34分
囁きボイスで、色んな耳かき道具をご紹介♪

(4)りあるたいむ☆耳かき 約35分
比較的少な目の会話で、喋りながら耳かきします。
新要素:あの耳を塞いだとき特有の膝枕ノイズ入り!
※差分にノイズなしverもあります。

(5)おまけ
各種差分(約3時間半)、ふりーとーく的な何か(約3分)

耳垢の種類について

耳垢には乾燥目と、液状目に大きく分類されるみたい。

さらに細かく分類していくと、こんな感じ。

乾燥目

・粉末科

「耳垢が粉っぽいな~ポロポロ落ちるな~」という人は粉末科の耳垢みたい。

通常の耳かきよりも、綿棒や梵天などの綿状の耳かきを使わないと、耳垢が取れずらいそうです。

くるくる巻くような感じで耳かきするとスッキリ取れるそうな。

この耳垢の問題点は、耳垢が衣服に付着しやすいのと(袖の部分とか)、耳のふちに耳垢が残りやすいので手入れを怠ると耳が汚く見えることらしい。

・固まり科

 皮めくれ属・コロコロ属・石化属に分かれるらしい。

皮めくれ属は、ここからさらに4種類に分かれてます。

いちいち細かいところまで説明するのもアレなので、自分の耳垢タイプである石化属を解説したいと思います(笑)

とにかく耳奥に耳垢が固まりやすく、耳掃除が難しい種類なようです。

耳かきをちょっと奥まで突っ込んでみると、「コンコン音がするな~」と感じた人は間違いなく石化属だと思います。

耳垢が固まってるわけですね~

耳垢が固まらないうちに、ちゃんと掃除するか、耳鼻科に行って吸引してもらうのもアリです。

言わずもがな、綿棒とか綿状の耳かきでは全く耳垢が取れないので、スパイラル耳かき(丸い形のやつ)で、端っこから根こそぎとるのが効果的。

固まりすぎて取れないという場合は耳垢水でいったん柔らかくしてから取ると良いみたいです。

ちなみに、これは3年くらい前の話ですが、耳かきをサボり過ぎて耳垢が完全に固まってしまった結果、耳が悪くなってしまいました。

最終的には、耳鼻科で耳垢を吸引する装置で吸い取ってもらったんですが、あの時の快感は半端なかった(笑)

液状目

水飴化・タルト化・液状化という3つに分類される。

名前は可愛らしいですが、冷静に考えると汚い(笑)

アメリカ人とかは液状の耳垢が多いみたいですね~

なので、耳かき棒で耳かきすること自体が結構珍しいんだとか。

綿棒でさっと簡単に掃除をするくらい?

確かに、海外のASMRって耳かきのジャンルがほとんどなくて、やっぱり日本人みたいな粉っぽい耳垢の人種の間でしか流行らないのかな~とか思ったり。

この辺は文化の違いみたいなところがあって面白いっすね。

こちらもさらに細かい分類があるみたいです。

耳かきについて色々知りたい人なら楽しめる!

音声を楽しみながら、耳かきについて色んな知識を得ることが出来ます。

たまにはこういう雑学をのんびり楽しむのもアリだと思います。

それぞれの項目ごとに、耳垢の保存方法とかも書いてて笑った。

あと、耳かきって週に1回でも十分で、医者によってはそもそも耳かき自体をあんまりおすすめしてなかったりしますが、いずれにせよ頻度が多すぎなけりゃ問題なさそうです。

う~ん耳かきって深い(笑)

みみぼんver2!バイノーラル囁き耳かき付き☆