寝ホンはASMRで寝落ちしたい人におすすめ!

f:id:tomoya19971115:20191027090246j:image

寝ホンという睡眠向けのイヤホンが中々に良かったので紹介します。

 

寝ホンはASMRで寝落ちしたい人におすすめ!

まず、横向きで寝ても耳が痛くならないのは有難いですね。

これは相当メリットが大きいように感じます。

特に、ASMRを聞きながら寝落ちしたい人にはおすすめです。

従来のイヤホンだと、どうしても横向きになると耳がギュっと押しつぶされて痛かったので、ASMRを聞いている際に横向きになるのが難しかったんですが、この寝ホンだとクッション性があるのでストレスが溜まりません。

耳かき音とかってシチュエーションによっては膝枕されていることが前提だったりするので、寝ホンを着けることで快適に横向きになれます。

そういったシチュエーションに合わせて耳の向きを変えることで、より臨場感のある癒しを楽しめます。

寝ホンで寝落ちする際の注意点

寝ホンで寝落ちする際に気を付けておいた方が良いことが1つあります。

寝落ちは人によっては睡眠の質に影響する可能性があります。

自分の場合、ベットでASMRを聞いてそのまま寝落ちするのは心地良く感じるんですけど、途中で起きてしまうことが多いです。

途中で起きちゃったせいで、軽く頭痛がしたり、だるくなったりします。

なのでASMRで寝落ちをしたい場合は椅子に座って聞くようにしてます。

眠くなってきたらベットに直行という流れです。

このように、人によってはASMRで寝落ちしようとすると睡眠の質が悪化するかもしれないという点には注意が必要です。

ちなみに、ぐっすり寝たいなら他にもリラックスする方法はあります。

たとえば、ボディスキャン・呼吸法などです。

ボディスキャン

リラクゼーションなどでよく使われる手法で、顔・上半身・下半身それぞれに力んでいる場所はないか、違和感を感じる場所がないかを探していきます。

ストレスが溜まっていると、どこかしらの筋肉が緊張してしまい、無意識に力が入っていることが多いので、これも自分のストレスを自覚するのに使えます。

次に、力んでいる場所にゆっくり力を入れてゆっくり抜きます。

これを行うだけでもかなりリラックスできると思います。

呼吸法

呼吸を整えるのも単純なことですが大切です。

ずっと強いストレスを抱え続けていると、呼吸が浅くなって酸素の巡りが悪くなるので、心身ともに疲労感が増えちゃいます。

というわけで、バルーンブリージング・タクティカルブリージングの2つを紹介します。

①バルーンブリージング

バルーンブリージングはお腹に風船が入っているイメージを持ったうえで、呼吸をしていくことです。

息を吸う時にお腹の中に入っている風船を膨らますイメージでゆっくりと呼吸をしていきます。

吐き出す時は逆に風船がしぼんでいくイメージで行いましょう。

②タクティカルブリージング

これはアメリカの軍隊でも使われている呼吸法で、「4秒間、息を吸う→4秒間、息を止める→4秒間、息を吐く→4秒間、息を止める」このループをしばらく繰り返します。

ある程度呼吸が整ってきたら(意識しなくても呼吸が深くなってきた)、そこで中断してオッケーです。

ぐっすり眠る方法についてさらに詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

安眠するための方法&簡単テクニック15選 -

 

 寝ホンは音質を重視する人には不向き

寝ホンは「音質こそが正義!」と思っている人には不向きです。

安眠用に作られたものなので、音質に関してはちょっと我慢する必要があります。

寝ホンでも音質が良いイヤホンはいくつかあるみたいですが、それだったら普通に音質が良いイヤホンを買った方がコスパは良いかなと思います。

ってことで寝ホンの紹介でした~

 

www.asmr-workoutdaisuki.com