SNSでストレスが溜まる3つの根本的な理由を考えてみた

f:id:tomoya19971115:20190918075428j:plain

SNSは本来息抜きや気軽に人と交流するためのツールに過ぎないんですが、かえってストレスが溜まってしまう人も少なからずいます。

今回はストレスが溜まる根本的な理由を3つ紹介したうえで具体的な対策も紹介します。

 

SNSでストレスが溜まる3つの根本的な理由を考えてみた

SNSは色々とデメリットも多いということが様々な実験で分かっています。

「若者がSNSを使えば使うほど幸福度が落ちてるんじゃない?」というサンディエゴ州立大学の研究があったり、スマホの通知が集中力や注意力を下げるという研究もあります。

SNSとはうまく付き合っていかないとメンタルが悪化する可能性がありますが、その根本的な理由を3つ考えてみました。

SNSの通知を切ると集中力やメンタルが改善する -

①そもそもSNSは中毒になるように出来ている

突拍子もない話ですが、そもそもSNSは中毒になるように出来ています。

陰謀論とかではないですよ(笑)

Facebookの初代CEOであるショーンパーカーさんによると、

The thought process that went into building these applications:Facebook being the first of them to really understand it.

That thought process was all about how we consume as much of your time and conscious attention as possible.(以下略)

「Facebookを初めとしたSNSの仕組みは、君たちの時間や注意力をいかに消費させるかだ。だからこそ僕たちは中毒性のあるドーパミンを生み出すように通知などを工夫した。通知の快感を覚えさせることで社会評価のループに落とし込み、さらに投稿を促して利益を最大化する。」

他にもマーク・ザッカーバーグやケビンシストロム(instagram創設者)も最初からこの中毒性の仕組みを知っていたということを暴露されています(笑)

Facebook founder warns of social media addiction Video - ABC News

スマホ依存の真実ードーパミンの恐怖 - YouTube

You Will Wish You Watched This Before You Started Using Social Media | The Twisted Truth - YouTube

②承認欲求の暴走

SNSは人間の承認欲求を利用して中毒になるように出来ています。

通知が欲しい・反応されたい・誰かから存在を認められたいという欲求を刺激するので、人によっては承認欲求が暴走してしまいます。

承認欲求をこじらせてしまうと何が起こるかというと、反応がもらえないことにストレスが溜まったり、他人がいいねやRTをたくさんしてもらっていることに嫉妬を覚えたりします。

これは意外に思う方もいるかもしれませんが、嫉妬も承認欲求から生まれます。

「あいつだけなんであんなにチヤホヤされるんだ!」→「自分も認められたい!」

こういう心理なので結局は相手ではなく自分の問題です。

承認欲求そのものを否定するとつまらない人生に終わりそうですが、承認欲求をこじらせると他人の期待に沿うだけの人生、つまり他者の人生を生きることになります。

③情報過多

Information overload (also known as infobesity,[1] infoxication,[2] information anxiety,[3] and information explosion[4]) is the difficulty in understanding an issue and effectively making decisions when one has too much information about that issue.[5] Generally, the term is associated with the excessive quantity of daily information.

(情報過多とは、情報量が多すぎて理解力や判断力が鈍ってしまう現象のこと。)

Information overload - Wikipedia

SNSに限らずインターネット上には無数の情報が溢れており、現代人は情報量の多さに脳の処理能力が追い付いていません。

SNSやニュースアプリのタイムラインをスクロールすればどんどん情報が出てくるわけですが、その間にも脳は複数の情報を処理してます。

例えばこんな感じ。

・ダル〇ッシュがおすすめのプロテインを紹介してる~買おうかな?

・中山きん〇くんが筋トレしてる~なんとなく筋トレやってみたいな~

・うわ~この人なんか会社の不満をつぶやいてる~

・このアニメ面白そう

こんな感じで情報がどんどん頭に入ってくるので脳の神経が疲労してしまい、ストレスが溜まっていきます。

SNSによるストレスをなくす3つの方法

この3つをやれば大丈夫だと思います。

①まずはSNSの仕組みを知っておくこと

②承認欲求を受け入れる

③スマホやPCと上手く付き合う

 ①まずはSNSの仕組みを知っておくこと

とりあえずSNSが中毒になるように出来ていることを知っておくだけでもかなり精神的に余裕が出来ると思います。

何となくSNSをいじりそうになったらスマホ中毒に関する動画を見るのも良いと思います。

②承認欲求を受け入れる

過去にも承認欲求の改善方法について記事を書きました。

自己受容で自分の承認欲求を受け入れたうえで、アドラーが提唱した課題の分離で自分がコントロールできることだけに意識を向けるクセをつければ少しずつ承認欲求が落ち着いていくと思います。

承認欲求をなくすたった2つの方法 自己受容と課題の分離 -

③スマホやPCと上手く付き合う

とにかくスマホをダラダラいじらないように対策を練っておく必要があります。

ここまで読んでも実際に行動に移さない限り何の意味もありません。

そのための方法については過去に取り上げました。

SNSの通知を切ると集中力やメンタルが改善する -

悪い習慣を改善したいなら行動のハードルを上げたらいいかもね -

おまけ・メンタルに悪影響なSNSランキング

20歳前後の若者1479人を対象に、SNSと不安や孤独との関係を調べた研究があります(※1)。

それによるとメンタルに悪いSNSランキングはこんな感じ。

①Instagram

②Snapchat

③Facebook

④Twitter

⑤Youtube

インスタは断トツでトップですね。

所詮は人生で最も良い瞬間を写真に収めているだけなのに、他人が自分よりも幸せな人生を送っていると錯覚しちゃうからメンタルに良くないんでしょうか?

この中でもYoutubeは特に悪影響がないどころか(体感的にも分かるような)、コミュニティでの一体感などの良い影響を与える可能性があるようです。

 

(※1)

https://www.rsph.org.uk/asset/AAFB7DC1-35CE-4097-B26321C1667B5333.2D2662B7-A714-4ACB-A94A63BA544A8267/

Instagram 'worst for young mental health' - BBC News