ASMRでぐっすり寝落ちするための対策3つ

f:id:tomoya19971115:20190901124737j:plain

せっかくASMRで寝落ちしかけていたのに、色々なことが原因で目が覚めてしまうということもありますよね。

ASMRでぐっすり寝るためにはしっかりと対策を打っておく必要があります。

 

ASMRでぐっすり寝落ちするための対策3つ 

前回はASMRを聞く前にやるべきことをまとめました。

今回は寝落ちに焦点を当てます。

ASMRを聞く際に没入感を高めるための方法-プレエイセマーとは? -

スマホやPCなどの電子機器はいつでも電源を切れるようにしておく

「もう今すぐにでも寝れるな」ってくらい眠くなってきたらいつでも電源が消せるように自分の体に近い場所に電子機器を置いておくようにしましょう。

眠くなってきた段階でいちいち電源を消すのに手間取っていると無駄に脳が覚醒しちゃって目が覚めてしまう可能性があるので単純なことですが注意が必要です。

なるべく電子機器の画面を消す

目を閉じていても視界に光があるとそれだけでも脳が刺激に影響されてなかなか寝付けなくなる可能性があるので、ちょっと眠くなってきた段階でやっておきましょう。

音に意識を向けるためにも重要だと思います。

また、電子機器の画面を消せるようにバックグラウンド機能が使えるようにしておきましょう。

なるべく音量を小さくする

ASMRを聞いて眠くなってきたら音量をできるだけ落としていきましょう。

僕の体験談ですが、眠くなってきたときに音量を高めにしてるとびっくりして目が覚めちゃうことがあったので寝落ち用にASMRを聞くときは気を付けています。

 

www.asmr-workoutdaisuki.com