レチノールの効果 肌荒れの改善やニキビ対策に

f:id:tomoya19971115:20190809173355j:image

「肌荒れやシワ対策に効果があるかも!」というのが科学的に確認されているスキンケアクリームはレチノールとアスコルビン酸だけです(※1)。

 

コスメ業界のワナについて

本題の前に、コスメ業界の闇についてまずは突っ込んでおきたいと思います。

基本的には日焼け止めとワセリンやニベアでの保湿をすることが肌荒れを対策するうえで最も重要で、同じくらい大切なのが食事・睡眠・ストレス対策になります。

で、その次にもしお金に余裕があればレチノールかアスコルビン酸のクリームを使うと肌のターンオーバーが促進されてきれいになるかもねくらいに考えるのが無難です。

その他の高級なスキンケアや美容液などは買っても何の意味もないので皆さんもコスメ業界のワナには気を付けましょう!

サプリ業界やコスメ業界は利益を得るために消費者に嘘をつきまくってるので、買うときは本当に効果があるのか疑って、一旦リサーチすることがおすすめです。

ちなみに、今回取り上げた論文ではコスメは意味なし!と断言しているので、ボロクソですね(笑)

レチノールの効果

僕は乾燥肌なので冬場に保湿を怠るとめちゃくちゃ肌に吹き出物が出て肌もガンガン荒れてくるので、ワセリンは欠かせないですし、たまにレチノールも使うようにしています。

目の隈にも聞くと言われているので、試してみる価値はアリ。

ですが、結局は肌が潤っているうちにワセリン・ニベアを身体・顔に塗るのが最強なので、期待し過ぎるのも良くないかなと思います。

注意点ですが、一気に塗りすぎると肌がひりひりするだけなので、まずは10円玉くらいを手に取って薄めてから肌に塗っていきましょう。

そこから少しずつ量を増やしていって、肌がひりつく一歩手前くらいまで塗りましょう!

(※1) Skin care in the aging female: myths and truths