ASMR好きあるある

ASMR好きなら共感してくれる(多分)であろうあるあるネタをガンガン追記していきます。

詳しく知らない方でも、ASMRは実はとてもディープな世界だということがとりあえず分かるかと思います(笑)

※ASMRについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

ASMRとは?仕組みを徹底解説 音で癒される不思議な体験 -

 

ASMR好きあるある

毎日生きていると、鳥の鳴き声やセミの鳴き声など様々な音が聞こえてきますよね。

極度のASMRマニアたちは電車が動き出すときの「フォーー」という音や、「ガタンゴトン」といった電車の車輪が動く音を楽しんでいます。

端からみたらただのやべえやつに思えますが、彼らは音という世界に没頭しています。

ASMRを聞くのが好きと言ったら周りから変人扱いされる

「ASMRが好き!」と言うと、たいていの人からは理解されません(笑)

ASMRを性的なコンテンツと勘違いしている方もいますし(研究でASMRは性的な現象ではないことがほのめかされてる)、音フェチというものの良さが分からない人が世間の大多数だからでしょう。

某なんちゃらDXさんがASMRを気色悪いとか言ってたのは少し残念。

もっと多様な価値観を受け入れてほしいなーとは思っちゃいますが、まあ理解できない人がいるのは仕方ないですよ。

それを押し付けると次は多様性の押し付けになっちゃいますからね...。

世の中何でも好き嫌いがあって当然ですから。

でも某なんちゃらDXさんには思っていることでも口に出さない方がいいこともあるってことを理解してくれたらありがたい!

というわけでASMRが好きな人は世間体とかいう幻想に惑わされず自分が好きなことを好きと思える勇気を持ちましょう。

ただ、まだあまり好きとは言いずらい雰囲気はあるような気がするね。

リアルにASMRを再現しだす

耳を手でふさいで戻すことを「モワーン」と勝手に呼んでるんですけどこれをASMR動画ではなく自らの手で行いはじめます。

他にも、炭酸水の音を耳をすました状態で勝手に一人で楽しみだします。

 シュワシュワした音が心地いいです。

収録機材を買って自らASMR音を収録し始めるツワモノもいます。

ASMRはアートだと思っている

ASMR上級者になってくると、ASMRというコンテンツを理想の音探しの旅のようにとらえていくようになります。

あの音でもない、この音でもないと選別を繰り返し、やっと自分が求めていた音が見つかった時は砂金を探し当てた時のような達成感に身を包まれます。

 

www.asmr-workoutdaisuki.com