抗酸化物質を多く含む食べ物3つ

f:id:tomoya19971115:20190817223153j:plain

「抗酸化物質が入ってる食べ物ってトマトとかでしょ」ということが分かる人は多いと思いますが、抗酸化の仕組みそのものを知らない方が多いと思うので、まずはそちらから!

抗酸化って?

人間は呼吸しているだけでも活性酸素という物質が身体の中を行き来しており、適切なレベルが維持できていれば集中力アップや脳の覚醒など良い効果がたくさんあるんですが、現代のようにストレスが多い状況だと、心拍数が上がり呼吸のペースも早くなりがちなので、どうしても活性酸素が身体の中に溜まりすぎて疲労や老化などに繋がります。

活性酸素を減らしバランスの良い状態に保つことを抗酸化といいます。

今回は、活性酸素が多くなってしまう原因5つと抗酸化に良いとされる食べ物3つを紹介したいと思います!

活性酸素の原因になるもの

①タバコ

②加工食品

③サラダ油

④精製糖のとりすぎ

⑤ハードな運動

日頃から疲れやすい人にありがちなのが、これらのうちどれかが過剰になっているパターンです(③が過剰になることはなさげ)。

タバコの吸い過ぎ、カップ麺や市販の菓子パンなどの加工食品の食べ過ぎ、砂糖・穀物(米・パン)の取りすぎ、ハードな運動のやり過ぎ。

どれも明らかに体に悪そうです(笑)

この中で自分が注意しないといけないのは⑤ですかね~

スクワットを140kgで10回やったり割とハードな運動をしているので、しっかりと疲労を取るように工夫しないと疲労感がしばらく続いてしまいます。

 おすすめ抗酸化食品3つ

まずは野菜と果物をたくさん取っておけば基本的に抗酸化は大丈夫!ということを理解してもらったうえで、特に抗酸化に効果的な食品3つを紹介します。

①ブルーベリー

強力な抗酸化作用であるアントシアニンが豊富に含まれるブルーベリーさん。

また、アントシアニンは集中力アップ効果も人によっては見込めます。

セブンやアマゾンで手軽に入手でき、美味しく健康にもいいので1つ選ぶとしたらブルーベリーでしょう!特にアマゾンのやつは安いので食べ過ぎてすぐになくなる(笑)

②トマト

リコピンという抗酸化物質が身体の抗酸化物質を減らし、疲労を和らげてくれます。

トマトジュースでもOKです。

自分の場合、夏場にトマトジュースを酢と砂糖で割って飲んでます。

③アボカド

良質な抗酸化物質であるビタミンEが豊富で、カロリーがちょっと高いという点をのぞいたらスーパーフードといっても過言じゃないですね。

ちなみにアボカドはフルーツみたいです。

この3つの食べ物に共通している点は色が濃いということです。

基本的に色が濃い食べ物は抗酸化作用が高いです。

例えばパプリカとかさつまいもとか!