脱フュージョンのやり方3つ ネガティブ思考を歌詞にして歌うとストレスが消え去る

 

f:id:tomoya19971115:20190817215356j:plain

人間の思考と感情は結びついており、イライラや悲しい気持ちになると思考までネガティブになってしまい、結果的に自分が惨めに思えたり、自虐的になってしまったりします。

逆もしかりなので、それを解決していくための脱フュージョンを紹介します。

 

 

脱フュージョンとは?

例えばこんな感じです。
「ああもう!!上司にまたダメ出しされたわ!!イライラするわ〜俺はもうアカンわ!俺は仕事が出来ないダメなやつ!」
そこで、脱フュージョンという心理学テクニックの登場です。
自分が頭の中で考えたネガティブ思考を言葉にしたり、歌ったり、変な声でそれを口に出すことで、感情・思考と自分を切り離し、ネガティブな思考に自分が巻き込まれないようにするテクニックです。

テクニック①

ネガティブ思考に「...と思った」と付け加えて言葉にする!

ネガティブな思考に、と思ったという言葉を付けてみて下さい。

「おれはなんてダメなやつだ!」と思ったら、「俺はなんてダメなやつだ!...と思った」と口にします。

次に、「〜ことに気づいてる」と付け加えます。

「俺はなんてダメなやつなんだ!...と思ったことに気づいている」

テクニック②

ネガティブ思考を歌詞にして歌う!

「俺はほんまアホなやつや〜」という思考が湧いてきたら、それをバースデーソングのリズムで歌います(笑)

「おーれはーほんまアホなやつやー♪

おーれはーほんまアホなやつやー♪

おーれはほんまアホなやつやー♪

おーれはほんまアホなやつやー♪(パチパチパチパチ)」

これをするだけでもネガティブ思考がばかばかしく感じられるようになり、負のスパイラルから抜け出せる可能性があります。

自分の好きな曲のリズムに合わせてみるのもいいでしょう。

テクニックその3

アニメキャラの声を真似してネガティブな思考を口に出す!

クレヨンしんちゃんやドラえもんなど、自分が好きなアニメキャラの声を真似してネガティブな思考を口に出してみましょう。

これも前述したネガティブ思考を歌にするのと同じく、ネガティブ思考そのものがバカバカしくなり、ふっと消えていく可能性があります。